じゃがいもは冷蔵庫でも常温でも保存できます。
野菜は全部冷蔵庫に入れてしまうという人も多いと思います。
ただ、少しのコツでじゃがいもを長持ちさせる方法があります。
冷蔵庫に入れるときにそのままスーパーで買って、ビニールの袋のまま入れておくとよくありません。
新聞紙などで来るんで光に当たらないようにしていれます。
常温の時は出来るだけ低温の場所置いて置く方がいいでしょう。

じゃがいもを保存するときは低温と光に当たらないようにすることがとても重要です。
光に当たると光合成してしまい、じゃがいもが緑になったり芽が生えてきたりしてしまいます。
そうして、腐るのが早くなってしまい、長く保存ができません。
低温で暗いところに保存するだけで土の中でまだ居る感覚になるのです。
この方法で保存すると比較的長持ちして、おいしく食べることができます。
また、りんごと一緒に入れると芽が出にくくなります。
冷凍ではじゃがいも生のままの保管はおすすめできません。
冷凍して解凍をするときに水分と一緒に旨味成分も出てしまうので、一度調理するなり火を通してからの冷凍方法は可能です。
しっかりと保管方法を検討して長くおいしく食べれられるようにしましょう。

1001

じゃがいもは冷蔵庫で保存できるの?

じゃがいもは常温のままでもある程度の期間保存しておくことができる食材です。
常温で置いておくのであれば、涼しい場所に置いておけば寒い時期ならば一ヶ月から二ヶ月くらいは普通に保存しておくことができます。
夏の暑い時期でも他の野菜と比べると長持ちするので扱いやすい食材だといえるでしょう。
じゃがいもは水気があると傷みやすいので注意しましょう。

買ってきた時にビニール袋に入っていたのなら、ビニール袋から出して紙袋や新聞紙に包んでおくと長持ちします。
ダンボールで購入したのならば、そのまま風通しのいい場所に置いておけば大丈夫です。
夏の暑い時期にはじゃがいもも傷みやすくなってしまいます。
そういった時は冷蔵庫に入れておくと一ヶ月以上持たせることが持たせることができます。
冷蔵庫に入れておく時は、できるだけ野菜室で保存しておくとよいでしょう。

その時に他の野菜から出る水分などで傷まないように新聞紙などに包んでおくことがポイントになります。
じゃがいもは常温でも冷蔵庫に保存しておく場合でも、光に当てないように気をつけましょう。
光にあたると光合成が起こって緑色になってしまいます。
緑色になっても食べることはできますが、味や品質は落ちてしまうので注意が必要です。

1002

じゃがいもは冷凍保存できるの?

一人暮らしの人の中には沢山の野菜を買った場合、傷ませない為にも冷凍保存する人も少なくはないでしょう。
その中でも冷凍できるものと適さないものがあるので、注意が必要です。
冷凍できないものの代表として、じゃがいもが挙げられます。
カレーを作って冷凍したけれど解凍したらスカスカになっていたという話はよく聞きます。
そうなるとじゃがいもは芽が出ないうちに食べきらないといけないのかな、今日も明日も三食じゃがいもとなると流石に飽きてしまいます。
では、どうすれば良いか。
実はじゃがいもは加工すれば冷凍保存が可能なのです。

茹でてふかしいもの状態にし、それから細かく潰してゆきます。
いわゆるマッシュポテトの状態にしたら水気を切ります。
この時に水分が残っていると解凍した時に水っぽくなってしまうので、この処理は面倒がらずに行ってください。
しっかりと水気を切ったらパッキンのついている袋に入れます。
この時に自分が調理しやすい量で分けるのが良いでしょう。
そのまま凍らせて保存してしまえば、解凍後も問題なく調理することができます。
ポテトサラダにしたり、人参と混ぜてオリーブオイルで焼いたりと、固いままのじゃがいもよりもアレンジが効くので試してみては如何でしょうか。

1003

どんな場所に置くと長持ちするの?

じゃがいもはいろいろな料理に使うことができるので、常にストックしておきたい食材です。
そして保存の仕方を工夫すると暑い時期でも長持ちさせることができるのです。
通常は冷暗所や風通しがよくて日陰な場所に置いておけば一ヶ月以上は普通に置いておくことができます。
ただ水気があるところに置いておくと傷みが早くなってしまうので注意が必要です。
それからさらに長持ちさせたい時には、紙袋や新聞紙に包んでおくとよいでしょう。

ビニール袋に入っているものを買ってきた時には、ビニール袋から題しておくこともポイントになります。
ダンボールで買ってきたのならば、そのまま風通しのよいところに置いておくとよいですが、たまにひっくり返すなどして風通しをよくしてあげると傷むのを押さえることができます。
暑い時期も常温で置いておいても一週間は大丈夫ですが、冷蔵庫に入れておくと一ヶ月以上保存しておくことができます。
暑い時期には新聞紙や紙袋に包んでじゃがいもを野菜室に入れておくと長持ちします。
じゃがいもを保存するときは暗い場所に置いておくことがポイントになります。
光が当たると光合成をしてしまって味が落ちてしまうからです。
基本的には風通しのよい暗い場所に保存しておきましょう。

1004

じゃがいもの保存にはかごを使うと良いの?

スーパーのセールなどでついつい買いすぎた食品のストックはどのような保存が適しているのでしょうか。
アイスクリームや冷凍食品は考えるまでもなく冷蔵庫のフリーザーです。
缶詰やレトルトパックの食品は棚や引き出しの中に消費期限を分かるようにしておけば、使うときに困ることはありません。
野菜の場合は基本的に購入後、数日のうちに使用するのが望ましいのですが、根菜類なら長期保存も出来ますのでまとめ買いには適しているかもしれません。
じゃがいもの場合は上手に保存すれば数ヶ月持ちます。

冷蔵庫に入れて保存する方法もありますが、あまり冷たいところに保管しておくと、でんぷんが糖質に変わり、これが原因で体に悪影響を及ぼすアクリルアミドを作り出す恐れがあります。
そのため、じゃがいもは、かごに入れて風通しの良い冷暗所に保管しておくのが良いでしょう。
太陽光はじゃがいもを緑に変質させます。
この緑の部分には人体に有毒なソラニンが含まれていることがあるので、1日中直射日光の当たらないところが望ましい保管場所です。
また、湿気もじゃがいもを傷ませることになりますので水気を吸いやすい麻や籐のかごを使用したり、かごに新聞紙などの紙を敷くなどの方法をとることで防ぐことが出来ます。

1005

お役立ちウェブサイトについて

じゃがいもの保存は、私のようにじゃがいもが好きな人にとっては大切なことです。
でも、じゃがいもって食べ過ぎちゃうと体重がなんだか増えてしまったなんてことにもなりかねません。
太ったら体も多少重たくなってしんどくなることもありますし。
太ったら太ったで面倒なことも多いのですが、最近聞いた話によると、太りたいけどなかなか太れない人もいるようですね。
そういう時にはこういったウェブサイトがあることを知っていると良いかもしれません。